テーマ:美術館

ヤマザキマザック美術館所蔵品展2 <アール・ヌーヴォー>

5階から4階へ。18世紀から20世紀までのフランス美術300年を旅したあとは、アール・ヌーヴォーの家具がゆったりとした空間へ導かれました。 「食堂用家具」ポール・アレクサンドル・デュマ(1902頃)  正面奥にあるマントルピース(下部)・鏡(上部)  左手前の大理石付きチェスト 「シャンデリア」ドーム(1905頃) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマザキマザック美術館 所蔵品展

2020年7月5日(日)コロナ禍で随分長い間美術館に行っておらず、美術館ロス状態に陥っていました。お天気に左右されず、今開催されている美術展を地元で探したところ、新栄のヤマザキマザック美術館が目にとまりました。 企画展は中止され、所蔵品展のみでしたが、音声ガイド無料サービスもあり、十分堪能することができました。 写真撮影も、禁止マー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」続き

続きです。(たくさん写真を撮りすぎて、どれも捨てがたく1頁に収まらなかった) 4 話題に挑む  ここでは当時の世相をネタにした戯画や、 話題となった見世物に取材したものなど、 ニュースソースとしての作品を紹介する。  国芳の戯画(滑稽な絵)はバリエーションの豊富さと、 そしてアイデアの奇抜さにおいて他の追随を許さない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」

名古屋市博物館で開催中の「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」を見てきました。 フラッシュ無しなら写真撮影OKでしたので、バンバン写真を撮ってしまいました。 作品も150枚と多く充実した展示でした。 気にいった画像をアップしました。 解説も写真に残っているものはつけてみました。 最初にスクリーン映像がお出迎え。 1章 ヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荻須高徳展と長谷川利行展

今日は訳あって2つの美術館を見てきました。 稲沢市荻須記念美術館は、ゆったりとした敷地におしゃれな外観。 隣には公園もあってのんびりくつろげました。 一方の長谷川利行展は、碧南市藤井達吉現代美術館の特別展として行われました。 美術館自体はお洒落です。(ただ、旧道沿いなので、敷地はせまいです) 同じような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ボストン美術館の至宝展」を観て

6月24日(日)やっと、名古屋ボストン美術館で、 「ボストン美術館の至宝展」を観てきました。 有名な方の作品ばかりでどれも見応えがありました。 また、説明もきちんと書かれていて、レジュメにメモを取っていたら、 係の人がクリップボードを貸して下さいました。 (ありがとうございました。) そういうわけで、メモした内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名都美術館とルシッカと丸栄

6月23日(土) <名都美術館> 一週間ほど前には、台風の通過のおそれがありました。 台風も温帯低気圧と変わり、金曜日には良いお天気、 それでも、土曜日には9時から午後3時まで雨マークがつきました。 なんとか、また、予報が外れてくれないかと、祈るような気持ちでした。 運よく、神領まで傘をさすことなく行け、 友人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川美術館 ひな祭りと、十二単着装公開

春の陽気に誘われて、徳川美術館に行ってきました。 2時からの「十二単着装公開」に間に合うように、 てきぱきと(適当に)常設展示を眺め 恒例の「尾張徳川家の雛まつり」も、(今回規模が大きかったけど) ざっくりと見学しました。 1時40分ごろ、会場に向かうと席が9割ほど埋まっていました。 席に座ることができてラッキーでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more