テーマ:憲法

「憲法学から見た「安倍9条改悪」の暴走と矛盾…平和憲法を守り抜くために」

9月15日(土)14時半~ 岐阜市民会館 昨日は生憎の雨降り。 予定していた内津川に跋扈している「オオブタクサ(私は花粉症)」の除草ができない。 家にいるとグタグタしそうな感じなので、少しは頭を使わなきゃと、 インターネットで検索してみた。 たまたま、森英樹名古屋大学名誉教授の記念公演が岐阜市民会館であることが分かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「沖縄、そして憲法ー瀬長亀次郎から学ぶー」第Ⅰ部

場所:春日井市民会館 時間:1時半~ 主催:春日井9条の会 <講演 「沖縄、そして憲法」>    講師 久保田 貢 氏(愛知県立大学 教授) はじめに 第二次世界大戦の敗戦国であるドイツ・イタリアは、 地位協定の改定により、主権が回復しました。 ところが、日本は現在でも地位協定が不平等なまま残り、 主権がない状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー~」を観て

冒頭のシーンでガジュマロの木が映し出されます。 ガジュマロは沖縄では「不屈」の意味で知られているそうです。 瀬長亀次郎もまた「不屈」の魂を持ち続けた人でした。 戦後、米軍はアメリカをネコに、日本をネズミに例えてこう言いました。 「ネコの許す範囲しかネズミは自由がない」 カメジローは「どうしたらネズミは巨大なネコに噛みつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月26日「被爆者の今」

かすがい女性連盟 主催 後援:春日井市 「被爆者の今」 日時:6月26日(火) 午前10:00~12:00 場所:レディヤンかすがい2階研修室 講師:水野ときえ氏 お問い合わせ・託児申し込みは Email : josei.renmei.@gmail.com まで 手記:生きぬいてより抜粋 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「この子の好きなこと わたしの好きなこと 大切にしたいから 憲法なんだ。」

このタイトルは、先日の憲法記念日に行った講演会で、 ついでにもらえたパンフレットでした。 簡単にわかりやすく説明していて、なおかつ、かわいいのでご紹介します。 憲法は、国民をまもるためにあるもの。 それがわかりやすく書かれていますね。 自衛隊を憲法に書きこむ危険性も書かれています。 よく、出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今日からちひろポスト(「安倍9条改憲NO!」の署名)始めます。」について

「今日からちひろポスト(「安倍9条改憲NO!」の署名)始めます。」について 本日、ちひろポストを終了しました。 あそこの場所に立っていると、自然と平和を願う気持ちが湧いてきます。 いわさきちひろの絵からは、子供たちの幸せを願う気持ちがにじみ出ていると思います。 あの絵をみて、少しでも幸せに感じていただけたらな、と思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ペンタゴン・ぺーパーズ」を見て。

見て良かった。 そしてもう一度見たい映画です。 民主主義とは何か? 報道の自由とは何か? 憲法は誰のためにあるのか? 若い人たちにこそ見てほしい映画です。 監督のスティーヴン・スティルバーグは、(トランプ大統領が選出され)、 「映画化まで2年も3年も待てるような作品ではない、 つまり、すぐこれを映画しなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日からちひろポスト(「安倍9条改憲NO!」の署名)始めます。

今日午後4時半~5時にJR神領駅前にて ちひろポスト(「安倍9条改憲NO!」の署名活動を行います。 <署名用紙のダウンロード方法> ブログの左端にあるリンクの「新日本婦人の会」をクリックしてください。 「新日本婦人の会」のトップページになります。 「安倍9条改憲NO!」をクリックしていただきますと、 次の画面にな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「日米地位協定」ネットで見られるんですね。

「日米地位協定」で検索したらなんと、外務省のホームページ上に存在しました。 それも、平成30年4月3日付。 でも、「密約」がらみは載っていないだろうな? なんと、第二条に関連する日米合同委員会合意の中に昭和27年のものが存在しました! 昔の活字のものが、未だに有効なのですね。 どこまで「密約」がらみが公開された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学図書館から本が消えた!!

とある大学図書館の政治・経済・憲法・民法のコーナーから本が消えてしまった。 7割以上の本がなくなり、3列先の本棚が見えるほど、がらがらになっていたのです。。 かつては、いったん本を取りだすと元に戻すのが困難なほど、 本であふれていた大学図書館。 昨日、私は本の返却をするために訪れたました。 この大学で聴講生として学んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の中の「ちひろ」と平和、 『わたしが ちいさかったときに』

私が学生の頃、いわさきちひろは、すでに「かわいい」と人気がありました。 でも、キャラクターものみたいな流行に私は、背を向けていました。 高校に入学した時のお祝いに、永遠の少女みたいな叔母から 「いわさきちひろ」の3冊の絵本をプレゼントされました。 その叔母からの小学校入学の時のプレゼントは広辞苑だったので、 少なからず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちひろポスト(「安倍9条改憲NO!」の署名)始めます。

4月5日(木)から、平日16:30~17:00頃、JR神領駅前で、ちひろポストをする予定です。 報道では、今国会での改憲発議は無理となったとされていますが、 憲法と平和について、多くの方に考えていただきたいため、 署名活動をしたいと思っています。 正確には「安倍9条改憲NO! 憲法を活かす全国統一署名」というものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンビリーバボー「専業主婦が国を変える!? 壮絶人生!運命の決断とは?」を見て

昨日のアンビリーバボーの放送では『ペンタゴン・ペーパーズ』をスクープするかどうかで悩むある女性の半生が語られていました。 『ペンタゴン・ペーパーズ』とは、ベトナム戦争時のアメリカの最高機密文書のことです。 彼女の名はキャサリン・グラハム。 破たん寸前のワシントン・ポスト紙を立て直したユージン・メイアーの娘であるが、平凡な専業主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I am a Japanese woman. But my country is Nippon.

中学生になったころ、英語の時間にアメリカ人の方がお見えになった。 てっきり、発音の指導をしてくださるのかと思ったら、 私に「『自分は日本人です』と英語で言ってみてください」と言われた。 仕方なく「I am a Japanese girl.」と答えると、 「その意味が分かっていますか」と言われた。 そこで、<三回まわって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「前例のない権利」

「われわれは日米安保条約で、 きわめて重要で前例のない権利を日本からあたえられている。 その意味は、 日本の安全に関しては、われわれの側にはなんら義務がなく、 ただ権利だけがあたえられているということだ。」 以前にも「『日米指揮権密約』の研究 自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか」について、 ご紹介させていただきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私の憲法改正草案」について

「私の憲法改正草案」について <追記> この憲法改正草案は、自民党案とは真逆の発想です。 自民党案は、憲法九条に自衛隊を記載することによって、 「後法は前法に優先する」ことになります。 自民党案は、これによって集団的自衛権を合憲化できます。 そして、アメリカの要求により、軍拡化されていくことでしょう。 一方、私が考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の憲法改正草案

 今朝のウォーキングでは、会った人と、 鶯の鳴き声がするね、春だねという話をした。 この平和な日本を存続するためには、 憲法をより強固なものにする必要があると思います。 以下は私の憲法改正草案です。(新設のみ表示) 第二章 戦争放棄 第九条[戦争放棄、軍備及び交戦権の否認] ③日本国は永世中立国とする。 ④平…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「富士山には月見草こそが似合う」

「『日米指揮権密約』の研究  自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか」を読んで        (著者 末波靖司  発行 ㈱創元社) 「日本の風土を象徴する富士山の北側と東側の広大な裾野は、 実はふもとから三合目くらいの中腹まで、 すべて軍事きちになっているのです。」 序章に書かれているこの言葉に強いショックを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日米密約 裁かれない米兵犯罪」布施佑仁 著

<はじめに>  やはり密約はあった。  2010年3月9日、岡田克也外務大臣は日米密約に関する調査結果を公表、 調査対象とした四つのうち、 いわゆる「核持ち込み密約」など三つを密約と認定した。 本書はこの文章で始まります。 それならば、過去の事について話しているのかといえば、ノーです。 「密約」は、敗戦後から始まり、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蕾みあり 春の支度は ととのへり」

今朝、ウォーキングをしていたら、 桜の枝の先に米粒ほどのつぼみを見つけた。 春はまだ先だけれど、花の準備は進んでいる。 春が来るのが何より待ち遠しい。 私は戦争を知らない。 でも、戦争の恐怖は幼いころから感じてきた。 母は、飛行機の音がするたびに、 「空襲がある」と体を伏せた。 父は、戦時中、祖母が殺された際に返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小雪舞い」

「小雪舞い 干そうかどうか 陽に尋ね」 へたくそな句で我ながら笑えてしまいます。 朝、洗濯ものを干そうとしたら、小雪が舞っていたので室内に取り込んだら、 太陽の陽ざしを感じたので、しばらくどうしようか迷っていました。 結局、また外に干しなおしました。 本当に今年は寒い日が多いですね。 本の返却期限はまだ余裕が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆで蛙になってしまった!?

昨日の新聞のトップページの見出しは、 「NEM580億円流出 19分」である。 連日この話題がトップを飾っていたような気がする。 左下に「首相説明 行使範囲変えず」、 自衛隊明記「フルスペック集団的自衛権ない」 のタイトルがある。  のんびり屋の私は、今まで「憲法改正なんてあるわけない」 と、タカをくくっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more