テーマ:映画

映画「沖縄スパイ戦史」を見て

5月25日 橋ノ下舎(豊田市)にて 様々な映画の賞を受賞しているこの映画は題名から受ける印象通り、 ばりばりのルポルタージュ映画です。 ただ、私だったら 「沖縄少年ゲリラ兵と波照間島の悪夢と秘密保持」 とタイトルをつけたくなる内容かな?。 現在生き残っている「護郷隊」や「波照間島」の人々の証言と、 当時の生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ドリーム」を観て

日本語のタイトルは「ドリーム」ですが、 私は原題の「Hidden figures」(隠された人々)の方が気に入っています。 なぜなら、この映画はその活躍が認められなかった黒人女性の物語であるからです。 以下、( )内はひとこと感想です。 冒頭、素数を口ずさみながら楽しそうな少女。 この映画の主役、キャサリンの幼い頃。 小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後の一滴まで ヨーロッパの隠された水戦争」を見て

ドキュメンタリー映画「最後の一滴まで ヨーロッパの隠された水戦争」 原題:Yougos Avgeropoulos 配給:Small Planet Productions 2018年./ギリシャ/59分 自主上映会 1月12日(土)2:00~千種図書館会議室 ☆上映会開催にかかる費用 DVD代金(3000円+税)+上映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「はじまりのボーイミーツガール」

かすがい日曜シネマ 「はじまりのボーイミーツガール」 7月1日(日)10時15分~ 文化フォーラム春日井・視聴覚ホール いつものくせで、受付まで整理券を取りに行きました。 チケットを見せようとして、チケットに整理番号が書かれているのに気付きました。(・_・;) かすがい日曜シネマには、15分のレクチャーガイドもついて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「米軍が最も恐れた男~その名は、カメジロー~」を観て

冒頭のシーンでガジュマロの木が映し出されます。 ガジュマロは沖縄では「不屈」の意味で知られているそうです。 瀬長亀次郎もまた「不屈」の魂を持ち続けた人でした。 戦後、米軍はアメリカをネコに、日本をネズミに例えてこう言いました。 「ネコの許す範囲しかネズミは自由がない」 カメジローは「どうしたらネズミは巨大なネコに噛みつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ペンタゴン・ぺーパーズ」を見て。

見て良かった。 そしてもう一度見たい映画です。 民主主義とは何か? 報道の自由とは何か? 憲法は誰のためにあるのか? 若い人たちにこそ見てほしい映画です。 監督のスティーヴン・スティルバーグは、(トランプ大統領が選出され)、 「映画化まで2年も3年も待てるような作品ではない、 つまり、すぐこれを映画しなければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more