エアポートウォーク

午前中は久しぶりに映画を見に行った。 この間読んだばかりの小説をもとにした 映画「空海 KU-KAI美しき王妃の謎」。 小説の世界観とは若干異なる部分もあったが、 これは、これで面白かった。 映画館は名古屋空港内にあるミッドランドシネマ。 昨日の段階では座席指定がほとんど空いていたので、 パソコンで自分の好きな席を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「富士山には月見草こそが似合う」

「『日米指揮権密約』の研究  自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか」を読んで        (著者 末波靖司  発行 ㈱創元社) 「日本の風土を象徴する富士山の北側と東側の広大な裾野は、 実はふもとから三合目くらいの中腹まで、 すべて軍事きちになっているのです。」 序章に書かれているこの言葉に強いショックを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜那選手、金メダルおめでとうございます。

今日は生憎の曇天。 ここのところさぼりがちだったウォーキングでは、 鳥のさえずりが聞こえた。 そして、帰宅後朝刊を見ると、 菜那選手の金メダルの文字が目に入った。 もちろん、羽生選手の金メダルも嬉しかったけれど、 菜那選手の金メダルは格別に嬉しく感じる。 というのも、高木美帆選手の名前は、 スピードスケートに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受け継がれる心-服部君射殺事件から25年

21日、アメリカフロリダ州の銃乱射事件で尊い人命が犠牲になった。 その事件を耳にした時、(またか)と、暗い気持ちになった。 ところが、今朝の新聞では「祈りより規制を」と、 高校生たちが抗議デモをした、と報じていた。 残念ながら、民主党議員の法案手続きは票数が集まらず、 退けられた。 それでも、人々は銃の規制を求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「甍の波と雲の波♪」

今、恩田陸の「蜂蜜と遠雷」という本を読んでいる。 今までのところ、ピアニストの物語のようだ。 物語の中で、ピアノが登場すると、 私は、わくわくしてたまらない。 自分でも思い切りピアノを弾いてみたくなる。 (弾けないけれど・・・) 音楽では、その背景について考えるべきだという意見がある。 もっともな事なのだけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日米密約 裁かれない米兵犯罪」布施佑仁 著

<はじめに>  やはり密約はあった。  2010年3月9日、岡田克也外務大臣は日米密約に関する調査結果を公表、 調査対象とした四つのうち、 いわゆる「核持ち込み密約」など三つを密約と認定した。 本書はこの文章で始まります。 それならば、過去の事について話しているのかといえば、ノーです。 「密約」は、敗戦後から始まり、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蕾みあり 春の支度は ととのへり」

今朝、ウォーキングをしていたら、 桜の枝の先に米粒ほどのつぼみを見つけた。 春はまだ先だけれど、花の準備は進んでいる。 春が来るのが何より待ち遠しい。 私は戦争を知らない。 でも、戦争の恐怖は幼いころから感じてきた。 母は、飛行機の音がするたびに、 「空襲がある」と体を伏せた。 父は、戦時中、祖母が殺された際に返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小坂井 聖仁 ヴァイオリンリサイタル」

帰り道、バスに乗ろうか歩こうか迷ったが、 太陽が顔を出し、風も止んでいたので、 内津川沿いを歩いて帰った。 第84回中部大学キャンパスコンサート「小坂井 聖仁 ヴァイオリンリサイタル」の 余韻に浸りながら30分の道のりもあっという間だった。 中部大学キャンパスコンサートは、学内の三浦幸平メモリアルホールで 開催される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーテンに影絵!

朝日を浴びたカーテンに象やキリンなどの影絵が浮かび上がっている。 今年は例年になく、寒かった。 去年までは結露は気にならない程度だったが、 今年は、非常に多い。 そこで、100均で、結露対策のシールを購入した。 サバンナ風景で、切り取った動物や木の他、 残った部分も使えるタイプである。 結露の一番ひどい中央部に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

もしかしてインフルエンザ?

昨日より、風はなく、少し暖かいはずであった。 図書館に行った帰りに買い物をしようかと思っていたが、 寒くてたまらず、100均ですませた。 夕方5時に体温を測ると37.3℃。微熱だ。 これくらいの熱はヘイチャラのはずだが、寒気は収まらない。 7時にもう一度体温を測ると、38.4℃。 あすは医者に行く予定であったが、水曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雪雲の すきまつらぬく 陽の光」

今朝のウォーキングでは、黒い雪雲がたちこめ、 少しばかりブルーな気分になっていました。 ところが、途中で分厚い雲の隙間を縫って 太陽の光が帯状に広がっていました。 その光を見たとたん、元気百倍。 気持ち良くウォーキングできました。 その時の感動を句にしてみました。 (下手くそで、ごめんなさい) あたりまえだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「希望荘」を読んで

宮部みゆき著の「希望荘」を先ほど読み終わった。 他の作品の登場人物に描写が良く似ていると思ったら、 やっぱり彼だった。 この「希望荘」は、短編形式になっているので、 1つ1つ独立しても読むことができる。 そのうえ、1つの作品としても成り立っている。 あんなに、妻の事を思っていた彼が、 離婚し、探偵になっていた。 サザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬山でとんぼ玉買っちゃった!!

この写真は、昨日買ったとんぼ玉。 昨日は友人たちと名鉄犬山ホテルで、入浴&ランチ。 バイキングと違いフレンチは少し高かったが、 景色は最高で、犬山城の鯱鉾がないところなども良く見えた。 お風呂は、露天風呂もあり、いいお湯だった。 ランチはフランス料理で、メインは魚料理を選んだ。 魚はアンコウ。 ゆったりとした時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」

 数日前に、夢枕獏 著の 「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を読み終えた。 1巻が500ページ近くあり、4冊だったので、 最初は読み終わることができるかどうか心配だった。  読み始めると、さすがに筆力があり、読みやすかった。 また、本のページ数の割に「改行」が多く、 空白部分も多いせいもあって、 思ったよりも早く読むことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハノンもまた楽しからずや

40年ぶりにピアノの練習をし始めた。 きっかけは、コーラスを始めたこと。 歌を歌うのも40年ぶり、 声があまりにも出なくて、 人から「50代とは思えない」と言われてしまうほど! 大きな声で歌うことができる環境ではないので、 せめて、音程だけでも正確にとキーボードで旋律を弾き始めた。 発表会の日程が決まった。 少しでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小雪舞い」

「小雪舞い 干そうかどうか 陽に尋ね」 へたくそな句で我ながら笑えてしまいます。 朝、洗濯ものを干そうとしたら、小雪が舞っていたので室内に取り込んだら、 太陽の陽ざしを感じたので、しばらくどうしようか迷っていました。 結局、また外に干しなおしました。 本当に今年は寒い日が多いですね。 本の返却期限はまだ余裕が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やせる」と「締まる」の違い

私は、なまけもの。 心地よい筋肉痛に今朝はいつまでも布団の中でのんびり。 すると、小鳥のさえずりの声が聞こえた。 優しい声で起こしてくれた。 私は、幸せ者である。 今日は節分、季節の移り変わる時。 小鳥の声が春の訪れを1日早く伝えてくれた。 エアロビクスは去年の11月から始めたばかり。 もともと、運動が大の苦手で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆで蛙になってしまった!?

昨日の新聞のトップページの見出しは、 「NEM580億円流出 19分」である。 連日この話題がトップを飾っていたような気がする。 左下に「首相説明 行使範囲変えず」、 自衛隊明記「フルスペック集団的自衛権ない」 のタイトルがある。  のんびり屋の私は、今まで「憲法改正なんてあるわけない」 と、タカをくくっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more