瀬戸蔵ミュージアム

11月3日「猫のポット展」を見るために、瀬戸蔵ミュージアムに行ってきました。
尾張瀬戸駅から徒歩5分ぐらい、300円です。
建物内は基本的には撮影可です。(一部だめな場所もあります。)

<1.せとでん>
入り口を入ると目の前には瀬戸電(せとでん)がありました。
IMG_20191103_104244.jpg
運転席も自由に座れます。

3種類の宝探しクイズを持って出発です。

<2.モロ(やきもの工場)>
製造工程がよくわかります。
砕く
IMG_20191103_104815.jpg

練る…約1日かけて粘土をねる。(クネットマシーン)
IMG_20191103_104937.jpg

伸ばす
IMG_20191103_104915.jpg

成形
IMG_20191103_104953.jpg

<3.石炭窯と煙突>
窯の大きさ 幅3.3m 奥行4.3m 高さ2m
煙突の高さ 9m
約30時間かけて焼いた後、火を止めて1日半後に製品を出します。
IMG_20191103_105130.jpg
窯 炊き込み口側
IMG_20191103_104839.jpg
煙突
IMG_20191103_105219.jpg
煙突と窯
IMG_20191103_105234.jpg
煙突も窯も実物大で見応えがあります。

こんなのもあって、笑ってしまいました。
(昔はこんなエプロンだったな)
IMG_20191103_105243.jpg

前を見ると旧尾張瀬戸駅が再現されていました。(順路12)
IMG_20191103_105322.jpg

<4.せともの屋>
むかしの子ども茶碗などがならんでいます。
梁には陶器でできた釘隠しがありました。
IMG_20191103_105524.jpg

<5.生産道具展室>
機械でプレスすれば、フタも簡単に出来ますね。
IMG_20191103_110450.jpg

この円盤はスクリーン転写で作るものです。
IMG_20191103_110506.jpg
スクリーン転写の機械
IMG_20191103_110517.jpg

ゼーゲルコーン
焼き加減を調べるために置きました。
IMG_20191103_111014.jpg

本業窯(左)と石炭窯(右)
大きさの差が歴然ですね。
IMG_20191103_110616.jpg

宝探しのため、あっちこっち探したので、よく見ることが出来ました。
こんな感じの小物たちを探します。
楽しいですよ。お勧めです。
無題.png

<企画展 猫ポット展
いよいよ、目的の猫ポット展です。
少し、企画展ゾーンは小さかったですが、興味深い猫ポットに迎えられました。
シャム猫ポット(イギリス)
IMG_20191103_112129.jpg
猫とネズミの舟形ポット(イギリス)
IMG_20191103_112139.jpg
こちらは、家に置いてもよさそう!
IMG_20191103_112212.jpg
魚を抱えた猫が漫画チックです。
IMG_20191103_112223.jpg
おなじ魚でもこちらは乗物になっています。
「さかな車乗り猫ポット アメリカ」
IMG_20191103_112234.jpg
「黒猫脚台ポット アメリカ」
下で黒猫がポットを支えています。
よく見るとフタにはネズミが!
さぁ、どうする、どうする。ネズミを追いかけたらポットが壊れるよ。
IMG_20191103_112242.jpg

私のお気に入りがこれ。
「ピストル持ちウエスタン猫ポットセット」左側
「扇子持ちウエスタン猫ポットセット」右側
カップもついています。
IMG_20191103_112352.jpg

この魔女もハロウィンパーティーにはぴったり。
IMG_20191103_112604.jpg

可愛い猫ポットたちに、ほっこりしたひと時でした。


「窯のひろば」というところで、健康ランチが550円。
13時に行ったら売り切れでした。
行かれる方は早めの時間の方がよさそうです。

ランチは同じ商店街の別の店でとりました。
IMG_20191103_132540.jpg
器が陶器で店内もお洒落でした。
IMG_20191103_132545.jpg

午後からは腹ごなしに散策へ。
「釜垣の小径」を目指します。
地図の4の真ん中位の場所です。
IMG_20191105_115939.jpg
「宝泉寺」にも立ち寄りました。
思ったより大きく、立派でした。
IMG_20191103_140920-2.jpg
いよいよ窯垣の小径です。
IMG_20191103_141918.jpg
IMG_20191103_145511.jpg
少し寂れかけているのが残念でした。
「窯垣の小径資料館」では、無料で展示が見られました。
そこで、本業タイルについても説明して頂くことが出来ました。
「本業」とは、江戸時代後期に瀬戸で磁器の生産が始まり、産業として有力となってきたときに
それまで瀬戸にあった陶器の仕事を「もともとの仕事」という意味で「本業」と呼び、
「新しく入ってきた」磁器の仕事を「新製」と呼び分けたことからついたもの。
だそうです。
ビデオも見せてもらいました。
昔の本業窯での火のくべ方などが印象的でした。
休みなく窯に薪を投げ入れていきます。
すごい、としか言いようがないと感じました。

次は「洞 本業窯」を見に行きました。
瀬戸市指定有形民俗文化財に指定されています。
この窯は江戸時代から使用されていて、13連房という巨大な本業窯。
昭和24年に再構築。
IMG_20191103_150332.jpg
IMG_20191103_150346.jpg
IMG_20191103_150455.jpg
窯の中に入ることもOKでした。
中に入ると、真っ暗でした。
写真に撮ると釉薬が溶けて窯についている部分もよくわかります。
IMG_20191103_150538.jpg
なせか、猫が!
IMG_20191103_150805.jpg

帰りは通りからなので、ゆるやかな下り坂。
これで陶器のミニトリップも終わりと思っていると、
愛知環状鉄道「瀬戸市」駅での写真です。
何かお分かりでしょうか?
トイレの目隠しです。
思わず、吹き出しそうになりました。
IMG_20191103_155548.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント