春日井市交響楽団定期演奏会 CARMEN(セミオペラ形式)

2019年7月7日(日)春日井市民会館にて
春日井市交響楽団定期演奏会CARMENに行ってきました。
今回の定期演奏会は一味も二味も違っていました。
なぜなら、CARMENがセミオペラ形式だったからです。

アマチュアオーケストラがオペラにチャレンジ。
それだけで、ワクワクしますね。

指揮・演出       井村 誠貴
客演コンサートマスター 平光 真彌

IMG_20190708_084335.jpg
(パンフレット表紙)

いつもとは異なり、全席座席指定。
ぎりぎりに到着すると、すでに満席でした。
今回は賛助会員の無料券ではなく、
文化フォーラムで購入したので、一番後ろの席。
それも初体験でした。

購入するときには残念に感じたこの席。
でも、オペラを見るには、いい席なのかも!
会場全体が良く見渡せます。

オペラの前にワーグナーの
「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲が演奏されました。
タイトルは知らなかったけれど、良く聞くメロディーでした。
多少のずれ感が波のうねりのように感じられました。

さて、いよいよビゼー作曲歌劇「カルメン」ハイライトです。
セミオペラ形式とは何ぞや?と思ってパンフレットを読んでみました。

『セミオペラ』とは、通常のオペラ上演とは違い演奏会形式だが、
ソリストは衣装・動きを付けて行うもの。
オーケストラも通常のオペラでは『オーケストラピット』に位置されるが、
今回はオンステージ。
舞台では、弦、木管、金管・打楽器と三分割し、
そのエリアを取り囲むように通路(演技エリア)を配置。


カルメン:川村 典子
ホセ  :山下 玲皇奈
ミカエラ:真井 聖美
エスカミーリョ:松下 伸也
(ジプシー・密輸団:西本 佑、奥村 育子、木村 一輝、上野 朋子、加藤 武志)
ダンス=原 綾美

最初に十字架を抱えた女性が登場。
舞台の中央に十字架を据え付けると、
十字架に絡みつくようにダンスを踊る。
だんだん、小さくなり、最後には消えるかのように後ろへと下がる。

セミオペラだから、衣装をつけて、演技もするとは思っていましたが、
ここまで、全体を通したイメージを作りこんでくるとは思わず、
いい意味で驚きました。

前奏曲はカルメンのテーマとでもいうべき曲でした。
「兵隊さんと一緒に」は子供たち(春日井児童合唱団)の登場です。
よく訓練された歌声で、気持ちよかったです。

カルメンは想像以上につやのあるセクシーな声、
「カルメン」の世界にどんどん引き込んでくれます。

交響楽団の後方にいる合唱団(春日井カルメン合唱団=「春日井第九合唱団」の有志)は、
歌の部分だけではなく、笑い声や、驚いた声、など、効果音も担当していました。
ソリストの歌声に、交響楽団、そして、合唱団の音が加わり、
全体が盛り上がっていきます。

カルメンとホセ以外の人物像があやふやなので、
パンフレットを見てみます。
うん、すごく凝っています。(パンフレットより)
IMG_20190708_084351.jpg

劇中で、ダンサーの踊りもありました。
情熱的なカルメンの踊り、若々しさが、この踊りで見事に付け加わりました。

後半は間奏曲から始まります。
ハープとフルートがとても美しく、うっとりしました。

ホセの元婚約者ミカエラの清らかな歌声が響きます。
彼女はカルメンがホセからエスタミーリョを愛するようになったことを知り、
ホセを説得しようとします。
年老い死にかけたホセの母親の願いも告げました。
それでも、真心は通じませんでした。

カルタによって、カルメンに「死」が予告されます。
精彩がなくなったカルメンの歌声は、カルメンではなく、
声楽家の歌声のように聞こえてしまったのが少しだけ残念でした。
その代わりというべきか闘牛士のエスカミーリョの歌声は魅力的に響きます。
もちろん、ホセの歌声も素敵‼

カルメンのジブシー仲間からホセがカルメンを殺すから、逃げるように忠告されます。
それでも、カルメンは自分の生き方を変えようとはしませんでした。

ホセ登場のシーンでは、2階バルコニーで児童合唱団の合唱と、 紙テープを投げるのが印象的でした。
2階席だからこそ、バルコニーでの役者等の登場もよくわかります。
最後列の席の醍醐味をたっぷりと味わえた演出でした。

カルメンの死の場面から、合唱団・木管・金管は幕の後ろへと下がります。
そこで、冒頭のコーラスが繰り返されるのですが、同じ調子だったのが残念でした。

最後にまた、十字架を背負ったダンサーの登場です。
また、踊りを披露。最後に、十字架は指揮者に渡されてしまいます。
思わず笑ってしまいました。(ちゃんと、落ちがあるのですね。)

<感想>
ホセへの義理立てをせず、堂々と「エスカミーリョを愛している」というカルメン。
どんな心情だったのでしょうか?

自分の心にありのままに忠実に生きる、
それだけは、命がかかっていても、変えることはできない。

情熱に流される弱いカルメンだけではなく、
一途な強いカルメンも存在していたのだと感じました。

ホセはいきなり、カルメンを殺したのではありませんでした。
殺したくないからと説得を重ね続けます。
カルメンの罵倒についに激情に走り、カルメンを刺し殺すホセ。

自分が刺してしまったことに驚き、カルメンが死んだことを嘆くホセ。
カルメンの強さに対し、ホセの弱さがよく出ていました。

情報は正しく伝わっているのだから、ホセはミカエラを選ぶべきだった、
または、冷静に考える時間をもうけるべきだったと思います。

ソリストの方々の素晴らしい歌声と演技に心を打たれました。
交響楽団もアマチュアとしては、とても良い出来だったと思います。
最後の最後まで、違和感を感じずに歌劇「カルメン」の世界を楽しむことが出来ました。

こんなに素晴らしいセミオペラ「カルメン」
支払った金額はたったの、1,000円です。
(一桁違いますね)
せめてもと、拍手だけは惜しみなく、
手が痛くなるまで拍手しました。

本当に「ありがとうございました」の感謝を込めて。

<蛇足>
今朝の中日新聞朝刊に「カルメン」の記事が出ていました。
満席は、1000人だったのですね。
賛辞が載っていました。

IMG_20190708_122311.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント